モネ、ゆかりの土地と作品展

モネ、ゆかりの土地と作品展

作者:中尾陽一(kumasaku)
作品名:モネ、ゆかりの土地と作品展

【展覧会絵画一覧】

※絵画をクリックすると高画質で閲覧できます

展覧会概要

展覧会時間:約36分

■こんにちは。kumasakuです。

■モネは86年の長い生涯において、何度も住む場所を変え、さまざまな場所を訪れて作品を制作しました。

■1840年にパリで生まれましたが、5歳でセーヌ河口、ノルマンディー地方の港町ル・アーヴルに移り少年期を過ごします。

■そこで、画家のウージェーヌ・ブーダンに出会い戸外制作を教えられます。そんなこともあって、ブーダンは後に《印象派の先駆者》と呼ばれます。

■19歳で画家を目指してパリに出てきますが、その後も、アルジャントゥイユ、ヴェトゥイユ、ポワシー、そしてみなさんもよくご存知のジヴエルニーと人生の節目で何度も転居しています。

■この展覧会では、モネが生きた土地、描いた場所が、彼の人生においてどんな意味を持っていたかをご紹介しながら、彼の作品を鑑賞していきます。

■さあ、ごいっしょにモネ、ゆかりの土地と作品をたどる旅にでましょう!

〇出展作品一覧
クロード・モネ
《ルエルの眺め》
《サン=タドレスのテラス》
《印象・日の出》
《キャピュシーヌ大通り》
《ラ・グルヌイエール》
《アトリエ船》
《解氷》
《積みわら》
《ルーアンの大聖堂》
《睡蓮》

主催者紹介

中尾陽一(kumasaku)
展覧会企画会社ウーゴズ代表。 美術館向け展覧会のプロデューサーとして、これまで60以上の国際美術展を企画。 企画した主な展覧会: モディリアーニ展、ユトリロ展、ルオー展、クールベ展、シスレー展、ルドン展、ラファエル前派展、ビアズリー展、スコットランド・ナショナルギャラリー展、パリ市近代美術館展、ヴェネツィア派展、キース・ヘリング展、ロバート・メイプルソープ展 など。 絵画鑑賞講座をリアル、オンラインでこれまでに200回以上開催。品川区小学校図工教諭美術部会、日本青年会議所、上智大学学生センターなどに研修、講演を実施。 ホームページ→ art-discussion.com instagram → kumasaku

音声ガイドとは?

音声ガイドとは?

ご購入後にできること

ご購入後にできること1
ご購入後にできること2
ご購入後にできること3